金融マンと証券マンは何か違う?

金融機関は、金融取引に関する業務を行なっている組織を指す言葉で、狭義には預貯金を取り扱っている金融機関である銀行や信用金庫などを指しますが、広義においては保険会社や証券会社、またノンバンクなども金融機関の範疇に含まれます。 広義の意味で言えば、証券会社に勤める証券マンも金融マンに含まれますが、現状では区別するために銀行に勤めている人が金融マンと呼ばれ、証券会社に勤める人が証券マンと呼ばれます。 その違いとしては、勤めている会社が証券会社か銀行かという点です。しかし、近年では銀行でも証券を取り扱う場合もありますし、また証券会社でもお金を預かって運用するなど、その業務内容としてはやや重なりがちです。特に新興のネット銀行またはネット証券の場合にはその傾向が顕著で、銀行業務と証券業務をひとつのメニュー画面で提供しているところも多くあります。そのため、両者とも金融商品に優れた知識を持っていることになります。 しかし、証券マンも金融マンも配属される部署で大きくその仕事内容が変わります。本店であれば、さまざまな金融商品を取り扱いますし、金融商品の開発にも携わります。またリスクの高い商品を扱うなど、お金のプロフェッショナルであることが求められます。一方で、支店の場合には、お金を預けてくれる、または投資してくれるお客と直接、接点を持つため営業力が求められますし、また融資を行なっている会社経営にも携わることになります。いずれにしても両者には金融商品に関する知識が求められます。 両者ともお金を運用する仕事であり、正しい知識と適切な行動が求められるため、研修を通じてこれらを学んでいくことになります。一方で、知識を得ても営業につながるとは限らないため、営業ノルマをこなすのも難しく、その過程で淘汰されていく仕組みとなっており、離職率が高い職種としても知られます。反面で、そのぶん収入は一般のサラリーマンよりも高く、その点で人気の就職先上位に食い込んでいます。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2014 金融業界の仕事は過酷? All Rights Reserved.