融資先からの言葉は

2014/10/04

金融業をやっていますと、いろんな人間模様を見せつけられます。 一般個人に対して無担保での融資小口事業を行っていますので、期日が来ても、返済がなされない場合も少なくありません。 融資先であるお客様に督促のお電話を入れると、まずは、遅れていることを詫びられるのですが、その後、いまだに返済がなされていないというので一報を入れますと、逆に、怒りをあらわにされることがあるのです。 まさか、口から出てくるとは思えない言葉が、お客様から発せられるのです。 「闇金」「違法取り立て」などといった言葉を浴びせられて、すっかり滅入ってしまうのです。 もちろん、なんらかの形で返済を求めていかなければなりませんので、あの手この手を使ってのアプローチを試みるのが常です。 一般社会での物の貸し借りというのは、約束の日が来れば返すのは当然なのです。 なのに、金融会社が返済を求めた時に、なぜこんな言葉を投げかけられるのか、仕事とはいえ、いつも辛い思いをしています。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2014 金融業界の仕事は過酷? All Rights Reserved.