成果=お金の貸した額って話も

2014/09/19

成果=お金の貸した額という話を耳にしたことがあります。本当のことであれば金融業界の仕事は過酷だと思いました。なぜなら、金融会社であるためお金を借りるかかりないかは相手の意思によります。しかし、貸した額が成果=お金となるのであれば、お金に困っている人に金融会社を進めるように話をつけなければいけないということになります。お金を借りることがしたいかどうかわからないのに、人に電話を掛けたり声を掛けたりして大変な仕事に違いありません。成果=お金の貸した額であればやり手の人だと月額の価格が人によって大きく異なることが容易にわかります。金融会社の裏の事ははっきりとわかりませんが、こういった事情があることを知ると貸す方も借りる方も大変な思いをしていることを理解しました。お金の貸し借りと簡単に言っても、機械同士がやりとりをするのではなく結局は人が関わっている仕事なのでこういった事情が本当だとしたら大変なことですね。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2014 金融業界の仕事は過酷? All Rights Reserved.