金融業界に就職したいと思っている

金融業界に就職したいと思っている…そう思われる就活生の方や、大学生の方や高校生の方などもおられるかもしれません。 しかし、金融業界は、大変な世界です。 まず、ノルマというものが存在します。 これは、一定のノルマが達成できないと、酷い場合には他の社員の前で怒られ、恫喝されるというようなことは日常茶飯事です。 また、達成出来ない場合には、何がなんでもとって来なければ許さない!というような風潮も会社にはあります。 これは、最近の日本が成果主義になったというような背景もあるからです。 また、金融機関同士も、競争などの背景から、さらに厳しいノルマなどを、社員に課せているところが多くあります。 酷い場合には、そのような社員教育がされた結果、鬱になってしまったり自殺をされてしまう方が少なくありません。 このような自殺や鬱の問題は、社会問題としても大きくなっています。 金融機関同士が争うことがあるためもあります。 また、金融機関では、利益を追求するために、社員に酷い目標などを立てさせるところもあります。 このような事柄が多く日本で発生するようになり、心療内科や精神科を受診する人は、過去に比べて莫大に増えられました。 金融の世界に入ろうと思っている人や、就職をしたいと思っている人は、自分自身が本当にその世界に向いているのかどうかを考えてみる必要があります。 また、営業などの適正があるのかどうか、また飛び込み営業なども苦にならずに出来るか?などの適正があるので、向いていないと思った人は、控えた方がよいかもしれません。 また、適職判断で、向いていないと出た人は、極力避けた方がよいです。 向いていないとされながらも、無理に仕事にした場合、精神が病んでしまったり、鬱病になってしまったり、最悪自殺をされてしまうケースがあるからです。 営業などが大好きであり、自分なら何でも出来るというような気持ちが大きくある方には、とても向いているかもしれません。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2014 金融業界の仕事は過酷? All Rights Reserved.