業界の動向だけ見ると景気が

現在の金融機関は業界全体として多くの企業が多様化する顧客のニーズに対応できるように、外部の専門機関などと戦略的に提携する方針を進めており、商品やサービスにおける調達力の強化を図っています。 業界における戦略的な提携の対象は預金を取り扱う金融機関の本来の業務にとどまらずに、専門的な知識や経験が必要になる幅広いニーズに対応しようとしている側面が強くあり、金融機関単体としては対応できないものが多いと言えるでしょう。 金融業界の景気動向としては、それぞれの金融機関においては人口減少や少子高齢化といった日本社会が持っている課題によって、地域内における競争が激化しているために、収益を拡大するために取り扱いを行う分野を広げなければならない点が挙げられます。 バブルが崩壊していから貸し出し残高が低迷しているので、安定した収益源が減っているために新しい収益源を発掘していく必要があります。 一方で個人向けサービスの側面では、保険や投資信託の分野において外部機関が商品のセールスを行っている戦略を取っています。 リーマンショックで一時的に景気は落ち込んだものの、現在では景気回復に伴って保険や投資販売において回復しつつあると言える状況にあります。 保険については住宅ローン顧客に対する生命保険の販売が解禁されたこともあって、ニーズが増加傾向にあると言えます。 問題点としては取り扱いを行っている商品が増加しすぎたために把握が難しくなっている点や、高齢者向けのサービスを行うにあたって、外部での事務作業の軽量化が進められるかが課題となっています。 個人向けサービスにおいては高齢者世代を中心として、信託会社との提携で遺産整理の業務や相続関連のサービスにおいて進展していくことが見られていたり、預かり資産におけるビジネスのサービス提供が広がっていくと考えられています。 金融機関のグローバル化に伴って厚みのある戦略が必要となってきており、海外進出も含めて対応が迫られています。 規制の緩和や政府系の機関との連携、国内資金の海外での運用を拡大することや技術や人材を集積することが大切な課題となっています。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2014 金融業界の仕事は過酷? All Rights Reserved.